株式会社 石原技研

 

石原技研の存在意義は”未来を見据えた生産哲学”のFA

一口にFAといってもエンジニアリングは奥が深く、その業種、製品の相違だけでなく企業や工場の性格によって、そこに求められるシステムは大きく異なる場合があります。一般にFAとは、工場や会社全体をトータルにシステム化した大規模ネットワークというイメージで捕らえがちです。確かに、現実としてはすべての生産部門がトータルに、そして高度にシステム化していなくてはFAは成り立ちません。しかし、システム化(または、生産)ありきという考え方で、FAを構築していくと、生産効率は計算上では確かにUPするのですが、人材が根付かないといった問題を引き起こしてしまいかねません。上位下達的トータルFAを目指すのではなく、石原技研が目指すFAは、ミクロのFA、個々の生産現場にとって、人にとってあるべきFAを踏まえ、有機的に結合するトータルFAなのです。そして、未来を見据えた生産哲学であるべきだと考えます。

環境が育む優秀なスタッフ

石原技研は、お客様のニーズに応えるために、環境と人、そして、企業との結びつきを、もっとも大切に考えています。人材の育成についても、可能な限り一人一人が責任を分担し、独立心と向上心を育て、管理にこだわらない管理という方針の中で社員の独自性と個性を尊重する経営方針を基準に、積極的な人員の育成に努めています。多様化する現代社会において、柔軟な人材を受け入れる為に職場環境と定着を図り、技術の向上をかもしだすことを心がけています。

 

 

社概要 | ごあいさつ | 製品情報 | 納入実績 | 採用情報 | お問い合わせ | TOP